ジェイズカントリークラブ高原コース36 - 2 ジェイズカントリークラブ高原コース36 - 3

コース紹介Course

HIETSUKI【ひえつきコース】

ロングヒッターでないとパーセーブが難しい、最も距離のある8番ホールや、正確なショットが要求される18番ホール。特にショットの正確さが要求されるコースです。

ひえつきコース
ジェイズカントリークラブ高原コース ひえつきコース
18H
BT(blue)6,744Y・FT(WHITE)6,407Y
PAR72
  BT(BLUE) FT(WHITE) PAR
OUT 3,373 3,219 36
IN 3,371 3,188 36
TOTAL 6,744 6,407 72
OUT IN
No.1
PAR4
BT(BLUE)385Y
FT(WHITE)375Y

ひえつきコース1番ホール
打ち下ろしのミドルホールです。 ドライバーで正面左の鉄塔ねらいでうまくいけば楽々バーディーですが、 左サイドのOBがプレッシャー。スプーンで攻めれば、 パーは確実?! No.10
PAR5
BT(BLUE)530Y
FT(WHITE)515Y

ひえつきコース10番ホール
右前方の池は気にしないでティーショットしてください。 真っすぐのロングホールで十分2オン可能です。 中央より右側狙いで攻めてください。 うまくいくとバーディーです。
No.2
PAR4
BT(BLUE)370Y
FT(WHITE)350Y

ひえつきコース2番ホール
右ドッグレッグのミドルホールなので 左から攻めたいですね。 右は避けたいです、杉林がやっかい。 でも、ロングヒッターは 右のバンカー越えで一発狙えます。 狙いますか? No.11
PAR3
BT(BLUE)180Y
FT(WHITE)155Y

ひえつきコース11番ホール
このホールは、風の読みがポイントになります。 風を読んでティーショットしてください。 ティーグランドとグリーン付近の風の強さが異なることが多いです。
No.3
PAR3
BT(BLUE)185Y
FT(WHITE)150Y

ひえつきコース3番ホール
打ち下ろしのショートホール。 手前から攻めましょう。 グリーンは傾斜があります。 奥につけると速いですよ。 No.12
PAR4
BT(BLUE)425Y
FT(WHITE)417Y

ひえつきコース12番ホール
谷越えのミドルホールです。 右はOB、左は土手、やはり狙いはセンターになります。 2打目は打ち上げで、左のラフに入れると2オンは不可能。 この辺には、野生の猿も出没しますよ。
No.4
PAR4
BT(BLUE)414Y
FT(WHITE)405Y

ひえつきコース4番ホール
右のクロスバンカーに注意してください、センターキープで攻めましょう。 フェアウェイをキープで、パーオン バーディー狙えます。 No.13
PAR4
BT(BLUE)414Y
FT(WHITE)402Y

ひえつきコース13番ホール
ティーショットは思い切り打てます。 どうぞドラコンゲットして下さい。 2打目は打ち上げで距離感に注意。 グリーン手前に落とすとボールが戻って来ます。 左のラフまでどんどん転がりますよ。
No.5
PAR4
BT(BLUE)395Y
FT(WHITE)379Y

ひえつきコース5番ホール
第1打目は右奥のワシントニアパームねらいで・・・・・ 2打目以降は、左足下がりで厳しいですが、慎重なショットでお願いします。 左サイドのOBに注意。 No.14
PAR4
BT(BLUE)401Y
FT(WHITE)375Y

ひえつきコース14番ホール
全体的にフラットなミドルホール。 第1打でフェアウェイをキープすれば、パーは確実。 チャンスホールですので、がんばってください。
No.6
PAR3
BT(BLUE)170Y
FT(WHITE)150Y

ひえつきコース6番ホール
谷越えのショートホール。 ティーグランドの横に茶店がありますので、一息ついてください。 ワンオン狙って、左にはずすと、パーが危うくなります。 No.15
PAR3
BT(BLUE)142Y
FT(WHITE)125Y

ひえつきコース15番ホール
谷越えのショートホール。 谷から吹き上げる風にのせてワンオンを狙おう。 短いと谷底へボールが吸い込まれます。 手前に残ればラッキーですが アプローチにテクニックが必要です。
No.7
PAR5
BT(BLUE)484Y
FT(WHITE)470Y

ひえつきコース7番ホール
距離の短いロングホールです。 ティーグランドで高原の仲間アナグマに会えることも。 ティーショットで右の山を越えれば、2オンを狙えます。 刻んでも、バーディーのチャンスは充分です。 No.16
PAR4
BT(BLUE)360Y
FT(WHITE)344Y

ひえつきコース16番ホール
右ドッグレッグの難ホール。 谷越えで攻めるか、ストレートで攻めるかは風の向き次第。 フェアウェイ好位置にボールを運べば、パーオン可能。 ここのティーグランドバック付近にも野生の猿が出没します。
No.8
PAR5
BT(BLUE)560Y
FT(WHITE)550Y

ひえつきコース8番ホール
距離のあるロングホールです。 左サイドはすべてOBですし、左右に魔物が潜んでます。 左右が狭いホールなので、正確なショットが要求されます。 残り120ヤード~130ヤードのフェアウェイで3打目を打ちたいですね。 No.17
PAR4
BT(BLUE)425Y
FT(WHITE)380Y

ひえつきコース17番ホール
左右の幅の狭いホールです。 右サイドはOB、左サイドはラテラルウオーターハザード。 正確なティーショットが要求されます。 2打目もしっかり距離のあるタフなコース。 グリーンも慎重に。 上につけたら3パット覚悟してください!
No.9
PAR4
BT(BLUE)410Y
FT(WHITE)390Y

ひえつきコース9番ホール
打ち上げのミドルホール OUT最終ホールです。 ティーショットで好位置をキープし、セカンドは登りで意外に 距離があるので番手をあげてグリーンを狙ってください。 グリーンをはずしてもアプローチは比較的簡単です。 No.18
PAR5
BT(BLUE)494Y
FT(WHITE)475Y

ひえつきコース18番ホール
フェアウェイ左サイドはすべてOB、2打目は右に池もあり正確な ショットが要求されます。 刻むか、攻めるか? もし、ティーショットが隣のホール(10番)へ飛んだら、そこから 攻めてください。池越えで3オン可能!バーディーだって狙えます。

ページトップへ